自己破産の無料電話相談

自己破産ができる弁護士に相談

自己破産ができる弁護士に相談

私の手許には、多額の借金を抱えたお母様が急死なさって、自死と決めつけられて、保険金が降りず、訴訟を起こした方の漫画があります。お母様は自己破産の手続きの途中で天に召されました。
縁起でもないと言われそうですが、私は母方の祖父と父方の祖父が突然死しました。そうなるともう証書がどこかわからないのです。通常変死体は、医師が確認して他殺かどうか確かめます。横浜など監察医制度がある場所では訓練を積んだ司法医がご遺体を検めます。でも、監察医制度がない都市ですと至って普通の医師が検死します。ここで保険の契約期限のうちで自死と決まってしまいますと生命保険が降りないのです。借金も相続されます。
こういう事態になっても対応法はあります。まずは死後AIを希望することです。画像診断を行うのです。この手法は病院の受け入れ態勢が整っていないのでうまくいかないこともありますがダメもとで法医学の専門家とつながるルートを探してもいいでしょう。あとは相続放棄ですね。期日が決まっていますので早く動かないと手続きが行えません。
非常に残念ですが借金があった場合の変死は自死扱いになってしまうことも多いです。勿論こうしたケースは少ないのですがもしお金でお困りの方は早く自己破産ができる弁護士に相談しましょう。生活に困窮している場合は、役所の窓口に行って生活保護の申請をしてください。いろいろ叩かれて肩身が狭いでしょうが、やむを得ない事情がある場合はきちんとサポートが付きます。自己破産して人生もやり直すのも選択肢です。


ホーム RSS購読 サイトマップ