自己破産の無料電話相談

自己破産は必ずできるとは言えない

自己破産は必ずできるとは言えない

自己破産は債務がある方の最後の砦です。ですが、必ず免責、借金を帳消しにしてもらえるわけではないのです。詳細は弁護士に相談してください。
ここでどう言う場合に自己破産の申し立てをできないかざっとお話しましょう。まずは、皆様にまだ返済能力がある場合は却下されます。いきなり自己破産ではなく債務整理などしてダメだった場合は自己破産というケースが多いですね。
あとは破産法における免責不可事由に当てはまる場合です。要するに帳消しにできませんよ、行政は知りませんということです。まずは前回の自己破産から7年経っていないのにまた自己破産をした場合は却下されます。
あとは自分の娯楽のために自己破産をした場合です。困窮していてお金を借りて返せなかった人ならば生活のやり直しをしようというとき、支えようと思いますよね。でもずっとお酒を飲み、賭博をし、あっちこっちでホストやホステス風俗嬢にお金をまいた場合、助けようと思いますか。現実に私の祖父がアルコール依存性だったのですが祖母は何回か叩き出したそうです。家族でもそうなのです、世間様は冷たいですよ。ただし、これからの就職、お金の使い方の見直し、そして債務の返済をしようとした痕跡があれば、特別に自己破産が出来ることもあります。弁護士にどういうふうに今後生活していくか、明確に伝えておくと動きやすくなるかとは思います。自己破産申請すれば全てうまくいくということではないことは肝に銘じておくといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ