自己破産にかかる期間

自己破産にかかる期間は

自己破産にかかる期間は

この世で最も仕事が遅いサービス業、それはお役所です。詳しくは司法書士や弁護士から説明があると思いますが、裁判所に自己破産の申し立てをした後にある程度の期間が必要です。司法書士の弁護士の方が裁判所に働きかける力が強いので早く破産の手続きが始まりますが、それまでひと月以上かかるのが普通です。本当に返せない場合はすぐ手続きに入ることもありますが、半年はかかると思ったほうがいいでしょう。
申し立てをしたあとは司法書士や弁護士が進捗状況を常に教えてくれます。連絡がマメでない場合は、不安になることが多いのでしっかりとした法律事務所を探しましょう。また、自己破産は必ずできるとは言えません。
少し、時間があるということでがっかりなさった方もおいででしょう。ご安心ください。皆様には沢山することがあるのです。まずは債権者への説明です。金融業の人間は基本は、あまり自己破産に好意的ではありません。督促側も皆様を困窮させるために督促しているのではありません。同じ人間ですので返済の意思があっても無理で自己破産をしたのか、故意に逃げたのかということで心証が違います。後者の場合は容赦なく訴訟を起こすこともあるのです。そのため必ず債権者に連絡をいれてください。また、無職の方は、仕事を探しておきましょう。もし、申し立てがうまくいかなかったときでも収入を得る努力をしていれば、任意整理や支払い猶予という方法も皆無ではないのです。何があってもお金を使ったのは皆様ですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ